日本限定で米や野菜、果物などの農作物が何度も収穫可能に。

日本国内でしか育てられない生育が早い農作物が完成します。稲穂が1か月で実る稲が開発され、水田だけでなくハウスや水耕栽培も可能となって、お米は季節を問わず毎月収穫可能となります。コストパフォーマンスも良くなり農家も大助かりです。
同様に、季節ものが多く気候に左右されやすい野菜や果物は、1週間で実がなるという画期的な革新が起こって不足する事もなり、食卓はいつも彩り豊かなものなります。
こうした変革により、日本は農作物の輸出を推し進めることで輸出世界第1位となり、食糧不足に悩む発展途上国にも貢献し、国が豊かになるだけでなく国民生活の向上に繋がっていきます。М字はげは治るのか?早めの対策が重要です

日本限定で米や野菜、果物などの農作物が何度も収穫可能に。